横浜の大都市ロープウェイで空中散歩(YOKOHAMA AIR CABIN)

今回は2021年4月22日に運行を開始した、YOKOHAMA AIR CABIN(横浜エアキャビン)に乗ってきました。短い距離でしたが横浜の美しい街並みが楽しめる空中散歩ができました。

YOKOHAMA AIR CABINとは

日本初、世界最新の都市型循環式ロープウェイYOKOHAMA AIR CABINは、JR桜木町駅前と新港地区の運河パークとを結び、街を高所から楽しみながら移動できる観光振興施設として、新たな横浜・みなとみらいの魅力を創出します。さらに世界的な照明デザイナー石井幹子氏に駅舎やキャビンの演出照明計画の監修をお願いするなど、安全かつ快適に、そして楽しい施設づくりを行っています。

公式HPより

横浜エアーキャビンまでのアクセス

公式HPより

今回は桜木町駅側から乗車しました。横浜駅から京急東北線で数分の桜木町駅から改札を出るとすぐにロープウェイの乗り場があります。また横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅北1口から徒歩1分

ロープウェイは待ち時間あり、天気も要確認!!

今回、訪問したのGW真っ最中だったので10時のオープン前20分から行列がありました!まだ、出来てまもないので人気で待ち時間は30分ほどは覚悟が必要かもしれません。

また、強風など天候によっては一時運転見合わせもあるので乗る際は天気と公式サイトでの運行情報の確認がオススメです。

まずはチケットを購入

まずはエレベーターに回のチケット売り場に上がります。チケット売り場は有人と無人券売機がありました。チケットは、片道乗車券、往復乗車券、大観覧車セットの片道、お得な乗車券があります。

いざロープウェイに乗車、横浜空中散歩

チケットを購入し入場ゲートを入ると乗り場まではすぐです。写真のような廊下で順番待ちをして乗車していきます。

グループで1つのキャビン

キャビンは8人乗りでサイズ的に大きな観覧車のゴンドラぐらいのサイズ感です。今回は2人で乗車しましたが、1グループに1キャビンなので他のお客さんと相席では無かったの、のびのび楽しむことが出来ました。密にならないので感染対策もバッチリです。

外から中が見えにくいキャビン

キャビン外からだと銀色に反射して中が見えにくい仕様になっていました。これで外からの視線はあまり気になりません。しかし、逆に中から外を見るとそのせいで景色が少しグレーっぽくなってしまうので、もう少し鮮明な景色が見えるガラスにしてほしかった。

横浜みなとみらいの絶景を楽しむ

片道630mの最高位40mの空中散歩は横浜の高層ビル群を眺めることが出来ました。ロープウェイのすぐ下は海で港の雰囲気も楽しめる景観です。

他にも大観覧車や横浜ランドマークタワーも眺めることができ、これに乗れば横浜を存分に体感できます。

運河パーク駅で下車

今回は桜木町駅からの運河パーク駅までの片道を楽しんでみました。運河パーク駅で下車した後は周辺のには赤レンガ倉庫や横浜ワールドポーターズなどの大型商業施設で楽しむことが出来ます。

まとめ:横浜を満喫するならロープウェイ

このロープウェイは日本初の都市型ロープウェイであり大都会横浜の景色を楽しむことができる素晴らしいものでした。料金は片道1000円で高価ですが、一度は乗る価値があると思います。夜も営業しているので夜景も楽しめそうでした。

施設情報:YOKOHAMA AIR CABIN


by
関連記事