六本木のコーヒの美味しいお洒落カフェVERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)ののドリンクとフード

今回は六本木にあるVERVE COFFEE六本木店に行ってきました。ガラス張りのお洒落な空間と美味しいコーヒーとスイーツの楽しめるカフェでした。

六本木のお洒落カフェVERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)とは

ヴァーヴコーヒーロースターズは、2007年に大学の同級生であったコルビーとライアンによって創業されました。 世界中から高品質なコーヒー豆を直接買い付け丁寧な方法で焙煎・抽出するだけでなく、 彼らの最大の特徴はサンタクルーズという街から発信されるリアル・カリフォルニア・ライフスタイルです。

公式HPより

カルフォルニア生まれのステキなコーヒ屋さんです。今回、訪れた六本木店以外にも新宿・鎌倉・北鎌倉にお店があります。

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)六本木店までのアクセス

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)の正面入り口

東京メトロ日比谷線六本木駅が最寄りになります。三番出口が便利です。外苑東通りを東京タワーを目印に徒歩5分ほどで到着します。お店はガラス張りの特徴的な路面店なので一眼でわかります。

VERVE COFFEE六本木店の雰囲気:外観と内観

ガラス張りのお洒落な六本木のカフェ

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のガラス張りの店舗全景
VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のガラス張の外観

まずは外観がガラス張りでスタイリッシュで見入ってしまう建築です。このガラス張り感はアップルストアっぽいなとも思いました。外にはテラス席があって春など気持ちが良さそうでした。

吹き抜けの天井・光差し込むお洒落な店内

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のガラス張りの内観1
VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のガラス張りの内観2

外観はもちろん店内もすごくお洒落でした。開放感ある吹き抜けもあれりました。

2階席に上がる階段も開放感を損なわないにサイドがガラス張りになっている点がステキポイントです。このおかげで店内の圧迫感がなくて外の光を取り込みができています。

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)の内観1
VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)の内観2
VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)の内観3

2階席に上がる途中は1階の席やコーヒーを入れているところなどを上から見ることができるのでオススメです。見ての通り、ガラス張りの店内だからこそたくさん光が差し込んでいて良い感じの雰囲気です。

店内の椅子やテーブルは木製なので差し込む日差しと合わさって温かみのある感じの空間になっていてステキでした。

どれも美味しいVERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のコーヒーとスイーツ。

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)カフェラテ

今回、僕が注文したのはアイスラテ。店内利用だと少しクビレタ可愛いグラスに入れてくれます。コーヒーが飲めない僕でもミルクが入ってまろやかになったラテは飲みやすくて美味しかったです。

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のコーヒー

ちなみに一緒に行った姉はコールドビリューを注文。姉曰く香りが良く美味しいコーヒーだったようでご満悦でした。

リコッタ&ハウスメイドジャム

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のワッフル

コーヒーのお供にはやっぱり甘いスイーツは欠かせません。今回注文したのはワッフル。スタンダードな特製ワッフルにリコッタと自家製のイチゴジャムがトッピングされた一品。

外はカリッとしていて、中はしっとりでほのかに甘い生地は最高に美味しい。コーヒーにぴったりのスイーツです。プラスリコッタとジャムで濃厚でフレッシュで美味しいかったです。ジャムは甘さ控えめなのも良きでした。

チーズケーキ

VERVE COFFEE(ヴァーヴコーヒー)のチーズケーキ

このチーズケーキは下はクッキー生地でしっとり。上は滑らかなサッパリとしたチーズケーキで美味しかったです。

まとめ:六本木で開放的な空間でカフェタイムならVERVE COFFEE六本木店

六本木にありながら開放感のあるお洒落な空間で、楽しめる美味しいコーヒーは最高です。コーヒーだけでなくお供のスイーツも美味しいので合わせて楽しむのがオススメです。

店舗情報:VERVE COFFEE六本木店

  • 住所:東京都港区六本木5丁目16−8
  • 電話番号:03-6427-5403
  • 営業時間:Every Day / 7:00 am – 8:00 pm

周辺オススメお茶スポット:虎屋赤坂店

by
関連記事