ニセコのオススメ高級ホテル。パークハイアットニセコ宿泊記館内探索編

今回はニセコのパークハイアットに宿泊するために北海道にやってきました。ここではホテル館内の充実した設備をご紹介します。

ホテルまでのアクセス

今回は新千歳空港でレンタカーを借りてハイアットまで向かいました。空港からホテルまでは下道で二時間ちょっとです。ほとんど信号もない道で北海道の自然を感じる道はドライブに最高でした。

ホテル周辺は豊かな自然

ハイアットは倶知安町の中心部から少し離れた山沿いにあります。ホテルまでは坂を上り自然に溢れた道を進みます。

海外のような雰囲気

ホテルに近づいて来ると周辺には綺麗な白樺が植えられていておしゃれな感じが溢れています。綺麗に電線も埋められて整備されているホテル周辺はまるで海外の様でした。

まさにハイアットって雰囲気で少し恐縮してしまうほどでした。ちなみに晴れているとホテル周辺では羊蹄山も見ることができるので最高でした。

バレーサービスがあります

エントランスに車を直付けして荷物を下ろしました。バレーサービスがあるので駐車と出庫はホテルのスタッフが行っていただけるので鍵を渡して入館します。

こうゆうサービスは高級ホテルならではの素敵なサービスでテンションが上がりました。

ラグジュアリーさと品を兼ね備えたエントランス

まずはエントランスには入ると高い天井が素敵なホテルになっています。ガラスの花瓶に枝ものが入っていて凄く綺麗でした。

しっかり健康調査があり

入ってすぐに簡単なアンケートと検温と消毒を行います。

ここで驚くのはハイアット専用の消毒液ディスペンサーがあって感動。こういうところも徹底的に生活感をなくす工夫が素敵でした。

贅沢な空間使いが美しい

エントランス入ったすぐの場所は個人的に一番の写真スポットとしてお気に入りです。高い天井の通路にソファとテーブルがある空間。この奥はチェックインカウンターになっています。

余白と照明の使い方がすごくよくてラグジュアリーだけど品のある空間はさすがハイアットという空間作り。フカフカのカーペットや壁の素材感やデザインもひと工夫あって素敵なので必見です。

チェックインカウンター

チャックインカウンターの後ろには巨大なアートがありました。オレンジっぽい壁にガラスの破片の様なものが上からぶら下げてあるような作品です。夜は光がガラスに反射してより綺麗に見えました。

すぐ後ろはスタッフの作業とチャックインカウンターのスペースです。大きなテーブルが印象的な空間で飾りだなや観葉植物が綺麗な空間です。

洗練されて美しいプール

プールが完備されていて宿泊者はいつでも泳ぐことができます。プールも白を基調とした品のある感じ。今まで見たプールで一番美しいと感じました。

プール内の青いタイルと照明の感じがお洒落すぎて夜だとなおさらムーディーな感じで素敵でした。

今回はこのプールが素敵すぎて滞在3日間毎日プールに入りました。夜とかは人が少ないので快適に過ごせたのでオススメです。

寒い時は暖かいジャグジー

さすがに9月だと北海道も肌寒いのでプールに入るのは少し大変でした。でも、プールの横には暖かいジャクジーがあるのでここに入って温まるのが気持ち良かったです。

ジャグジーは場所によって羊蹄山が見えるところがあるのでそこに入るのがオススメです。プールサイドにはチェアもあるのでゆっくりの転がってグダグダするのも最高のひと時でした。

タオルやアメニティーもしっかり完備

プールの更衣室の側のシャワールームもカッコいい感じでした。良い匂いのシャンプー、リンス、ボディーソープもありました。

他にもしっかりタオルや水着の脱水機、アメニティもあるので快適に過ごせました。サンダルも貸し出し用があるので水着以外は手ぶらで大丈夫でした。

ちなみにビート版や子供用の腕に着ける浮きもあるので泳げない子供とかも楽しめるようなアイテムもありました。

充実したジム設備

ジム設備はプール近くにあります。トレーニングはしなかったけど見学だけしてきました。

ランニングマシーンや筋トレのマシーン、フリーウェイトコーナーなど一通りのトレーニングができるようになっています。

外が見える様にガラス張りになっていて眺めがいい中でトレーニングすることができます。お水やタオルもしっかり用意されているました。

素敵な温泉もあります

外資系ホテルでは珍しい温泉もあります。プール同様タオルやアメニティー類やスキンケア用品も揃っているので手ぶらでも楽しめました。

モダンなデザインの温泉

温泉だけどモダンにアレンジされた空間はお洒落で素敵で、全てがオシャレすぎて家の近くにこんな温泉あって欲しいってなりました。

湯船は温度違いが2つ

温泉は石造りで洗練されたシンプルなデザインでした。湯船は二つあって温度が適温と少し高めがあってサウナも完備されていました。

温泉を楽しんだ後に休憩ができるスペースもしっかりありました。のぼせてしまった人はここで一休みとかできます。

他にも素敵なホテル内部

レジデンス棟マウンテンラウンジ周辺

ここはレジデンス棟にあるマウンテンラウンジです。パークハイアットニセコはホテル棟とレジデンス棟がありハイアット公式サイトからレジデンス棟にも宿泊できます。

ここではお酒やドリンクを楽しめる場所になっています。

廊下とエレベーター

エントランスから客室に向かう廊下も間接照明が綺麗な素敵な廊下でした。エレベーター内部にも綺麗な紙でできた花柄のアート作品があって非日常を感じれました。

まとめ:ニセコでホテルを満喫するならハイアットで。

いかがでしたでしょうか、ラグジュアリーだけど品のある空間は非日常を味わえるホテルでした。設備もかなり充実していたので楽しいホテルステイが出来ました。冬のハイシーズンは価格が高いので、夏や秋のオフシーズンのリーズナブルなときに宿泊するのがオススメです。

施設情報:パークハイアットニセコ

by
関連記事