ふふ奈良で食べる夕食は鉄板焼きがオススメ。奈良の食材が美味しい。

今回はふふ奈良の夕食編です。『ふふ』は基本的に一泊二食付き。夕食は日本料理か鉄板焼きが選べますが個人的に鉄板焼きがオススメです。目の前で調理してくれるライブ感と奈良の食材をふんだんに使用した料理は絶品です。

鉄板焼きプランは公式HPから。

鉄板焼きは公式ホームページのみでしか予約することは出来ません。一休やReluxは日本料理プランしかありませんので注意が必要。

宿泊者以外もランチ・カフェは利用可能

ちなみにディナーメニューは宿泊者限定でしか利用できませんが、ランチとカフェタイムは一般の方も利用が出来ます。メニューはカレーや天ぷら、和菓子セットなどどれも美味しいそうです。

ホテルから夕食会場の滴翠(てきすい)までは徒歩か車で。

ホテルから夕食会場の滴翠(てきすい)は少し離れた場所にあります。行く方法はホテルの裏庭の竹林を抜けていく方法車で送迎してもらう方法があります。

今回は雨だったので行きは車にしました。車だと数分到着します。途中に鹿に出くわしたり奈良らしい風景は面白かったです。

綺麗な竹林は非日常的

晴れている日は、庭の竹林が綺麗で非日常を味わえるので徒歩で向かうのがオススメです。綺麗に整備された竹林を歩くのはリフレッシュできて最高でした。

気持ちのいいサービス。

まずレストランの玄関で5人ほどお出迎えしていただけました。さしていた雨傘も自分で閉じなくてもスタッフの方がやってくれたりと至り尽せり。

極めつけは食事の途中、お手洗いに行こうとしたらトイレまでの案内とトイレ後も席まで案内していただけました。恐縮してしまいました。

オープン間もないので少しスマートさは掛けますがそれはご愛嬌です。

文月の御献立

今回の七月の料理はこんな感じでした奈良や近畿地方の素材を活かした料理と魚とお肉まで食べられる欲張りな内容となっています。

  • 和漢茶
  • 前菜
  • 御碗 『蟹真丈包み揚げ』
  • 造り『炙り穴子・紀州マグロ』
  • 魚料理『大鰆 青山椒醤油』
  • お口直し『大和芋素麺』
  • 肉料理『大和牛』
  • 食事『ガーリックライス』
  • 留碗
  • 香の物
  • 水菓子

和漢茶

席に着くと初めに出されるのが日本の漢方のお茶。味は体にいい感じだけど甘いので飲みやすい。食前酒的な位置づけなのかな。ちなみにこのお茶のためだけに豪華な黄金の竜のお皿があるので少し驚き。

前菜

  • 青大豆湯葉の博多
  • 帆立フリットウイキョウの香り
  • 蕨 白ダツ 当帰銀餡
  • 菊芋せんべい
  • 鯛の昆布〆寿司

普段、家庭では食べることが出来ない、どれも手が込んだ前菜はとても美味しい。体に良さそうな素材が多いのも嬉しい所です。

御碗 『蟹真丈包み揚げ』

前菜の次は美味しい御椀ものです。出汁の効いた優しい汁とふわふわな蟹真丈が美味しい一品です。

造り『炙り穴子・紀州マグロ』

紀州マグロは美味しい赤身、普通の醤油を付けて頂きます。上には柴漬けがのっていてさっぱりとして美味しい。普段食べない組み合わせで新鮮でした。

穴子は食べる直前に鉄板で炙ってくれます。臭みの全くないしっかりと下処理された穴子は、さっぱりとすだちと特製だれでいただきます。

特製だれは奈良県産葡萄のちり酢です。ちり酢はポン酢のことのようです。

魚料理(大鰆 青山椒醤油)

鉄板で調理される魚料理です。野菜はクレソン・マッシュルーム・黄ニラ・南瓜・新丸十(サツマイモ)です。

山椒の効いた甘めの醤油だれは食欲をそそります。香ばしく焼かれた魚と野菜が甘だれに合って美味しい。

お口直し(大和芋素麺)

メイン料理の前に出されるお口直し。白い器の下は氷があって、しっかり冷やされた料理。中には生雲丹・じゅんさい・オクラ・素麺などが入ってます。出汁の効いたさっぱりとした味に雲丹と粘々食材の相性が抜群です。

肉料理 『大和牛』

お肉は大和牛のステーキ。フィレとロースのどちらとも少しずつ食べることが出来て嬉しい。お肉は一時間くらい前から、ゆっくりと焼かれます。

職人さんに真剣に肉を焼く姿は必見です。ちなみに今回の焼き加減はミディアムレアにしました。

お肉は柔らかく、絶品。シンプルに塩で食べるのも良いし、ワサビや梅・和漢ソースで食べても美味しいです。付け合わせには大和茄子が付いてきます。

食事 『ガーリックライス』

最後の〆は定番のガーリックライス。シンプルに具材は玉子だけ、トッピングに奈良漬けが乗っているのがポイント。

ガーリックの風味が良い匂いなのはもちろん奈良漬けが良いアクセントになっています。

水菓子 『新緑わらび餅 黒糖氷』

手前側は抹茶の味が濃いわらび餅。しっかり冷やされていて密の甘さもあって美味しい。

奥側は葡萄最中。シャインマスカットの真ん中に白餡が入っていてこれが意外にもベストマッチ。葡萄もジューシーで最高に美味しい。

まとめ:優雅な夕食

奈良の食材をふんだんに使用した鉄板焼きはココで味わえません。目のまでのライブ感も楽しいし、店内の雰囲気、接客どれも最高なのでぜひ公式HPから鉄板焼きを予約してみて下さい。

店舗情報:滴翠(てきすい)

ホテルの宿泊記はこちらから


by
関連記事