財布の中はスッキリと。キャッシュレス派の僕の財布の中身

財布の中身は人柄が凄く出るものです。ポイントカードが多い人、レシートがたまっている人など、そこから得る情報はたくさんあり結構面白い。

ということで今回はキャッシュレス派の僕の財布の中身を紹介します。キャッシュレス派になってお財布をスッキリさせたい人に役に立てたらなと思います。

今回は2020年5月時点の財布の中身ですf。

全部で厳選6枚カードとお金(紙幣)

  • 三井住友カード プライムゴールド
  • ゆうちょ銀行キャッシュカード
  • ソニー銀行キャッシュカード
  • スポーツジムの会員カード
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • お金(紙幣)

僕は基本キャッシュレス生活(電子決済が主)なので、日ごろの買い物は購入金額が5000円までの会計はApple payのSuicaを利用して5000円以上だとクレジットカードで決済という感じです。

ポイントカードはなし。

僕は日ごろ行きつけのお店はなく、ポイントで割引いてもらえる額は微々たるものなので基本的にポイントカードは作らないし、持っていません。

今はポイントカードがスマホアプリになっているものあるのでそれは使用しています。(無印良品、ビックカメラ等)

関連記事:キャッシュレス派お財布はこれ(Hender Scheme) 『L purse』

三井住友カード プライムゴールド

これは僕のメインクレジットカードのです。このカードは準ゴールドカード的な位置づけで20代向けの特別なカードです。普通のゴールド相当の特典があり、20代で安定収入があれば誰でも審査は通ります。

社会人になり高額な買い物も多いため、利用上限の高いカードが欲しい。良いレストランに行った時に出して格好がつくカードが欲しかったのでこれにしました。デザインもお気に入りです。

ポイント還元率は1000円に1ポイント。ポイント変換ができて例えばビックカメラポイントに変換するとクレカの1ポイントがビックカメラの5ポイントで変換できるの実質の還元率は0.5%です。

年会費は通常 5,500円(税込)で高いですが条件に当てはまれば年会費の割引もあります。僕の場合は支払いをこのカードに集中しているので年会費以上のポイントを貰って要るので年会費は気にしていません。

関連記事:新デザインの三井住友カードに変更にしてみて良い所、悪い所を徹底レビュー

ゆうちょ銀行キャッシュカード

ゆうちょ口座は給与の振り込み用とカード決済引き落とし用です。母が小さいころから僕名義で開設してお年玉とかを貯金していた通帳をそのまま、今でも利用している形です。

最近は、スマホアプリで残高確認が簡単に出来るしファミリーマートだとATM手数料が掛からないので重宝しています。

ソニー銀行キャッシュカード

これはソニー銀行のキャッシュカード。イマドキのスタイリッシュなデザインがお気に入り。

この口座は貯金用としてお金の出し入れが少なく独立した口座が欲しかったので開設しました。ATM手数料が安いのも魅力です。定期的にゆうちょ給与口座から余っているお金をソニーに移しています。

実店舗がないネットバンキングですがゆえに、連帯ATMの引き出し手数料は月4回まで無料。大手コンビニのATMであればどこでも使えるので利便性の高い。

スポーツジム会員カード

週に3回はジムには行くので常に携帯しています。このクマのデザインが可愛い。行っているのはFIT365、郊外や田舎に多くあるスポーツジムです。月額使用料が2980円(税抜)で安くて通い放題なのが魅力なのでおすすめ。

運転免許証

普段の交通手段が自家用車なのと、何かあった時用の身分証明として日ごろから所持しています。

健康保険証

歯医者や眼科に定期健診に行きことも多いので常時持っています。また、いざっという怪我や病気に備えて持っていると安心するです。

現金(紙幣)

キャッシュレス派ですが現金を持っていないと困る場面がたまにあるので少しは要れています。現金オンリーのお店や友達と割り勘するときなの場面です。

財布にはいつも1万ほど入れていますが、ほとんど減らないので補充は3ヵ月に1度くらいのペースです。

お釣りが硬貨の場合は帰宅したら家の貯金箱に入れて、貯まったらゆうちょに振り込むという形をとり、常にお財布には硬貨はない状態にしています。

まとめ

いかがでしょうか、これだけあれば日常生活で特に困ることはない中身です。これからキャッシュレス派になってミニ財布を検討している人の参考になれば嬉しです。

by
関連記事