情緒ある郡上八幡でフォトウォークをした話。

今回は秋の郡上八幡に行ってきましたので、そこの話。友達が郡上八幡に行きたいにというのでフォトウォークをしに行ってきました。

郡上といえば岐阜県の中央に位置する町。古くからの街並みが残り、山間の町には吉田川が流れ、きれいな水路が町中ににあります。

水路には鯉がいたり、そこで洗濯や洗い物を地元民がしている。

それと郡上八幡城がこの町のシンボル。お城からは町を一望できる。では、フォトウォーク旅行記 郡上編始まります。

やっぱり川沿いは良い。

山間の町の中に流れる吉田川が郡上八幡のシンボル。

夏には地元民が川遊びをする憩いの場。川にかかる橋から飛び込むのが郡上の子供たちにの度胸試しの場となっている。

慣れてないと危険なので注意書きもあるくらい、気安く飛び込めないほどの高さから飛び込む。郡上の子供たちは怖いもの知らず。

前日が雨だったので川の水量が多め。階段を降りて川の間近まで行けるのでより川の迫力を感じることができる。

川からの絶壁に立つ、建築は見もの。最近災害が多いからこの絶壁は怖いと感じる、でもジブリ感が少しあってこれはこれで面白い建築。

川を眺めてサイダーを飲もう。

途中のお土産屋さんでサイダーを購入。写真を撮ってみました。川沿いのベンチでサイダーを飲むのは最高に情緒がある。僕の好きな『いいちこ』広告を参考にしてパシャリ。

実際のいいちこの広告は商品を引で撮りすぎてウォーリーを探せ状態。でもそれが面白くて個人的好きな広告ランキングの上位に食い込む。

ちなみ、このサイダーは製造は愛知だけど郡上の湧き水使用しているもの。若干、甘めのサイダーに感じた。三ツ矢サイダーよりはすっきり感はないけど、パッケージは郡上っぽいしレトロで可愛い。

絶壁の岩の神社と猫。

町を歩いてると謎の絶壁神社を発見。急な階段を上がるとそこには小さな祠と、岩によじ登る猫が。街歩きはこういう発見が素敵なところだ。

こんな絶壁をのぼる猫の能力の高さには驚く。このたくましさには気品すら感じてしまった。

若干、登れない僕たち人間を見下した猫の表情がなんとも言えないので、そこを激写。猫のこの感じが可愛い所だし憎めないところ。

街と焼き鮭。これが郡上八幡の真の楽しみ方。

郡上といえば食品サンプルの町、街にはサンプル店が何件かありサンプルの製作体験もできます。

友達はサンプル工房で焼き鮭のサンプルを購入。同じ焼き鮭でも少し色味が違うので自分好みのを選ぶのも楽しい。

僕たちはより美味しそうなものをチョイス。

さすがツイッターガチぜいの友達。これを使って面白写真を撮ると意気込んでいる。

道端で鮭を持ってることすら、異常行動なのでそれだけで面白い。友達の佇まいもいい感じ。

友人と焼き鮭

そんなわけで郡上の色んな所に焼き鮭を置いて写真を撮ってみる。

こんなところに
こんなところに焼き鮭①
こんなところに焼き鮭②

昔ながらの情緒がある町と焼き鮭なんとも言えないコンビネーション、シュールさを醸し出す。普通はあり得ない状況の写真、こんな少しの違和感は心地よい。

それにしても焼き鮭、美味そう。

愛車と焼き鮭

郡上の本当の楽しみ方はこれなのではっと思うほどこの『こんなところに焼き鮭シリーズ』の写真は楽しめる。ぜひみんなやってほしいところ。

まとめ

  • 山間の豊な自然が素敵。
  • サンプルを使った写真撮影が楽しい
  • 情緒ある街には面白い発見がたくさん。

写真を撮りながら散策するには丁度いい町なので皆さんもカメラ片手にブラブラして見てはどうでしょうか。


by
関連記事